今朝丸沢/今朝丸の滝

概要
今朝丸の滝は、群馬県高崎市(旧倉渕村)を流れる烏川支流の今朝丸沢に懸かる落差18mの分岐瀑である。滝は角落山系の火山の噴火によりできた丸く真っ黒な溶岩の上を流れる。すぐ隣の沢には溶岩滝が懸かっている。

基本情報
よみけさまるさわ・けさまるのたき
滝型式分岐瀑
落差18m
所在地群馬県高崎市倉渕町
山域角落山(1393m)
水系今朝丸沢/烏川/利根川
マップル関東85G4  ※2015年版以降
緯度・経度緯度:36.442289/経度:138.696893地図

アプローチ(アクセス)
群馬県高崎市倉渕町の国道406号線から県道54号線を西進し8km程度の場所。登山道を20分。

評価:3.63
形状 個性 規模 水質 水量 体力 技術 案内 整備 駐車
4 4 3 3 3 0 0 0 0 0

参考文献
  • 『日本滝名鑑(No.918)』
  • 『ぐんま滝めぐり90選』

同じグループの滝(今朝丸沢) (2件)
今朝丸の滝 群馬県高崎市倉渕町 分岐瀑 18m 3.63
溶岩滝 群馬県高崎市倉渕町 分岐瀑 10m 3.90