釜淵の滝

釜淵の滝2017年08月15日撮影

概要
釜淵の滝は岩手県花巻市の花巻温泉を流れる瀬川に懸かり、丸みを帯びた岩盤の上を緩やかに流れ落ちる落差8mの斜瀑である。名前の由来は滝壺が釜の形をしていることからというが諸説あるらしい。滝とその周囲の雰囲気は千葉県の養老渓谷の粟又の滝を彷彿とさせる。

基本情報
よみかまぶちのたき
滝型式斜瀑
落差8m
所在地岩手県花巻市(花巻温泉)
水系瀬川/北上川
マップル東北74B2  ※2015年版以降
緯度・経度緯度:39.455573/経度:141.066153地図

アプローチ(アクセス)
東北自動車道「花巻IC」から県道37号線を西に4kmで花巻温泉でその先。

評価:2.77
形状 個性 規模 水質 水量 体力 技術 案内 整備 駐車
3 3 2 3 2 2 1 4 4 4

参考文献
  • 『日本滝名鑑(No.250)』
  • 『日本の滝 
  • 『日本の滝200選』『岩手の滝』

2017年08月15日の滝めぐり

訪問歴(1回)

同じ市区町村(岩手県花巻市)の滝 (3件)
(1)西又沢/七曲滝 岩手県花巻市太田 3.10
(2)西又沢/女滝 岩手県花巻市太田 10m 3.10
(3)西又沢/男滝 岩手県花巻市太田 20m 3.10

ほかの地域にある同名の滝(1件)
(11)井沢渓谷/釜淵の滝 岐阜県恵那市上矢作町漆原 直瀑 6m 2.77