あなん淵の滝 (あなんふちのたき)

あなん淵の滝

概要

あなん淵の滝は、山梨県都留市鹿留地区を流れる鹿留川本流が大きく落ち込んだ場所の岩盤の隙間から流れ落ちている落差4mの滝である。滝下には広い渕を従えている。鹿留川沿いの道路から滝を見下ろすことが可能だが、道路脇に鉄製の梯子が架けられており、渕の下流の河原に下り立つことができる。滝を楽しむというよりは、淵で釣りを興じる人の方が多そうだ。

基本情報

別称おなん淵、尾長淵
所在地山梨県都留市鹿留
水系鹿留川/桂川/相模川
滝型式斜瀑
落差4m
GIGAマップル関東66B5  ※2015年版以降
緯度・経度緯度:35.532942/経度:138.876661  地図

アクセス(アプローチ)

山梨県都留市の国道139号線から古渡団地方面に進むと鹿留川沿いに東京電力の施設がある。そのすぐ南側で道路から観望可能。

評価

総合評価形状美個性的規 模水 質迫 力体 力技術力案 内整 備駐車場
2.963332312332

    訪問歴(1回)

    同じ市区町村(山梨県都留市)の滝(10件)

    太郎次郎滝夏狩伏流瀑 20m3.63 ○ ○
    蒼竜峡/無名瀑鹿留渓流瀑 2m2.03 ○ ○
    王見の滝秋山斜瀑 7m※2.87 ○ ○
    千段の滝/初滝大幡段瀑 15m※2.87
    千段の滝/小滝大幡直瀑 4m※2.87
    千段の滝/三段の滝大幡段瀑 40m※2.87
    千段の滝/大滝大幡直瀑 35m※2.87
    千段の滝/七福の滝大幡分岐瀑 70m※2.87
    千段の滝/白竜の滝大幡分岐瀑 55m※2.87
    田原の滝田原人工瀑 20m2.52 ○ ○
    (最終更新日:2018-09-01 00:45:46)