滝めぐり (2018年04月07日)

補陀落の滝  (ふだらくのたき) 2.47(5.00点満点)
所在地:三重県伊賀市西高倉 型式:段瀑 落差:10m 水系:宮谷川/木津川/淀川 マップル:関西53G6 地理院地図
補陀落の滝は、三重県伊賀市北西部を通る伊賀コリドールロードに架かる不動橋の上流側にある落差10mの3段の段瀑である。見栄えがするのは最上段の滝でその他は1m前後だ。不動橋の下流側に階段があり不動橋を潜って上流の滝に続く。附近は廃補陀落寺町石(道標)が道端に点在している場所だ。
[アクセス]
三重県伊賀市北西部を通る伊賀コリドールロード(※コリドールは回廊のこと)沿いで、滋賀県と三重県の県境「御斉(おとぎ)峠」から道が合流する三叉路から300m南下した場所にある不動橋の手前に閉鎖された旧道の一部が駐車スペースとなっている。
石菖の滝  (せきしょのたき) 1.86(5.00点満点)
所在地:京都府相楽郡南山城村田山 型式:斜瀑 落差:8m 水系:木津川/淀川 マップル:関西63D2 地理院地図
石菖の滝は、京都府南山城村を流れる木津川左岸に懸かる落差8mの斜瀑である。木津川沿いの道沿いに懸かり、滝の水は道路の下の水路を通って木津川に注いでいる。滝の脇にこの道路に関する注意看板が2枚掲げられており目障りな存在。かつては滝の脇の木に滝名の書かれたプレートがあったが無くなっていた。
[アクセス]
京都府南山城村に懸かる県道753号線「笹瀬橋」南詰を木津川沿いに西進し500m程度の場所。滝の位置から先は通行止めとなっている。
無名瀑  (むめいばく) 2.34(5.00点満点)
所在地:京都府相楽郡南山城村高尾 型式:直瀑 落差:5m 水系:名張川/木津川/淀川 マップル:関西63C3 地理院地図
京都府南山城村にある高山ダム(月ヶ瀬湖)の西側を通る府道82号線沿いに見られる名張川に落差5mの直瀑である。滝の流れる赤茶けた岩盤が特徴的な小さな滝である。滝口の上方に取水目的と思われる人工物が存在し滝の両側にはパイプが張り出している。道路から滝下に下りることも可能(長靴必須)。
[アクセス]
京都府南山城村にある高山ダム(月ヶ瀬湖)の西側を通る府道82号線沿いで道路脇に飛び出ている取水用のパイプが目印。
日乃出の滝  (ひのでのたき) 2.39(5.00点満点)
所在地:京都府相楽郡南山城村高尾 型式:分岐瀑 落差:8m 水系:名張川/木津川/淀川 マップル:関西63C4 地理院地図
日乃出の滝は、京都府南山城村にある高山ダム(月ヶ瀬湖)の西側を通る府道82号線沿いに懸かる落差8mの分岐瀑である。滝の東側が開けていることで、朝日を十分に浴びそうな環境にあることから付けられた名称かと思われる。開けた東側には月ヶ瀬湖も見ることが出来る。
[アクセス]
京都府南山城村にある高山ダム(月ヶ瀬湖)の西側を通る府道82号線沿い。滝前の路肩に置かれたプランターが目印。
仏谷不動滝  (ほとけだにふどうたき) 2.34(5.00点満点)
所在地:京都府相楽郡南山城村高尾 型式:分岐瀑 落差:8m 水系:仏谷/名張川/木津川/淀川 マップル:関西63D4 地理院地図
仏谷不動滝は、京都府南山城村を流れる名張川左岸にある枝沢である仏谷に懸かる分岐瀑である。林道終着点に付けられた赤い布切れからダム湖に通じる登山道を進む。ダム湖水面近くで沢沿いに進むが倒木や落石などで沢はそこそこ荒れているので足元には注意が必要。滝の前には巨大な球体の岩石が転がっている。滝に向かって左手には小さな磨崖仏が彫られている。
[アクセス]
京都府南山城村の高山ダム(月ヶ瀬湖)西側を通る府道82号線で高尾地区にあるダム湖方面に下りる林道を下りる。同様の林道は幾つかあり直接民家に通じる道もあるので注意が必要。目的の林道入口にはカーブミラーが立つ。林道の終着点に沢への入口があり、登山道を下ること約10分で滝。
しょうめんの滝  (しょうめんのたき) 3.07(5.00点満点)
所在地:奈良県奈良市月ヶ瀬月瀬 型式:段瀑 落差:5m 水系:二又川/名張川/木津川/淀川 マップル:関西63D5 地理院地図
しょうめんの滝は、奈良市東部にある松原市少年自然の家「クリエート月ヶ瀬」の敷地内を流れる二又川に懸かる落差5mの段瀑である。滝周辺には遊歩道が通り、滝正面には観瀑台も設置されている。子供が多く活動する施設であるため、滝壺への立ち入りは残念ながら制限されている。
[アクセス]
奈良市東部の月ヶ瀬地区を通る県道214号線沿いで、松原市少年自然の家「クリエート月ヶ瀬」を目指す。
遅瀬不動滝  (おそせふどうたき) 2.65(5.00点満点)
所在地:奈良県山辺郡山添村遅瀬 型式:段瀑 落差:30m 水系:八丈嶽川/名張川/木津川/淀川 マップル:関西63E5 地理院地図
遅瀬不動滝は、奈良県山添村北部を流れる名張川の枝沢である八丈嶽川に懸かる落差30mを大きく4段となって落ちる段瀑である。県道4号線「八丈嶽橋」の上から山側に見ることが出来る。橋の北詰山側に入渓できそうな場所があるが、足元の狭い場所があるので注意が必要だ。橋の上から眺めるのが一般的と思われる。走行車には注意したい。
[アクセス]
奈良県山添村北部の県道4号線に架かる八丈嶽橋の上流側。路肩駐車となるため他人に迷惑がかからないように。
大塩不動滝  (おおしおふどうたき) 2.47(5.00点満点)
所在地:奈良県山辺郡山添村大塩 型式:斜瀑 落差:15m 水系:二又川/名張川/木津川/淀川 マップル:関西69D1 地理院地図
大塩不動滝は、奈良県山添村大塩地区にある八柱神社の奥を流れる二又川に懸かる落差15mの斜瀑である。県道245号線から八柱神社に通じる石段を上り境内に入る。社務所脇の通路を通り神社を抜けると二又川に出る。川沿いの踏み跡を通り上流を目指し3分程度で斜瀑の前に到着する。
[アクセス]
奈良県山添村大塩地区の県道245号線沿いの八柱神社を目指す。県道脇の広目の路肩に駐車。
細滝  (ほそたき) 2.47(5.00点満点)
所在地:奈良県奈良市下深川町 型式:斜瀑 落差:8m 水系:細滝川/深川/布目川/木津川/淀川 マップル:関西69C1 地理院地図
細滝は、奈良市南東部を流れる深川の支流である細滝川に懸かる落差8mの斜瀑である。深川沿いの県道127号線を進むと「細滝川不動参道」の標柱が目に入る。その前の深川に架かる木製の橋で対岸に渡り参道を5分程度進むと細かい段となって流れ落ちる滝が現れる。
[アクセス]
奈良市南部の名阪国道「小倉IC」から県道127号線を5km程度北上した場所。「細滝川不動参道」と書かれた標柱と深川に架かる木の橋が目印。
打滝川/無名瀑  (うちたき・むめいばく) 2.33(5.00点満点)
所在地:京都府相楽郡笠置町笠置 型式:直瀑 落差:3m 水系:打滝川/木津川/淀川 マップル:関西63A3 地理院地図
京都府笠置町南部。奈良県奈良市柳生地区に源を発する打滝川に懸かる落差3m程度の滝である。橋の上から小さな段瀑が続く連瀑であり、その中心であり最大の滝のようである。
  ・(2018/04/07)車窓からの観賞のみ
[アクセス]
京都府笠置町の府道4号線沿い。京都府と奈良県の境界付近から500m程度、京都側に進んだ場所に架かる橋の上流にある。駐車スペースはなく、100m程度さらに進んだ路肩が無難。
掛谷出合滝  (かけたにであいたき) 2.47(5.00点満点)
所在地:京都府綴喜郡宇治田原町 型式:段瀑 落差:8m 水系:掛谷/犬打川/田原川/宇治川/淀川 マップル:関西52G5 地理院地図
掛谷出合滝は、京都府宇治田原町南部の和束町との境界付近の府道62号線沿いの掛谷に懸かる落差8mの段瀑である。道路から谷に下りることが出来るが、足場は決して良くなく滑りやすいので注意が必要。撮影ポイントが狭いのが難点。
  ・(2018/04/07)車窓からの観賞のみ
[アクセス]
宇治田原町を横切る国道307号線「田原小学校前」から府道62号線を8km程度南下する。掛谷が犬打川に合流する場所。トラック用(?)の給水場がある。掛谷に続く林道は封鎖されている。