滝めぐり (2018.07.22)

とうもんがたき
愛知県瀬戸市鹿乗町
斜瀑3m
水野川
庄内川
中部62E6  ※2015年版以降
35.25822/137.06326地図
東門が滝は、愛知県瀬戸市東部を流れる水野川本流に懸かる落差3mの斜瀑であり、水野川沿いに通る国道155号線沿いに見ることができる滝だが、訪問した真夏は、道路との間に藪が生い茂り、水野川の流れる岩盤の上を勢いよく流れ落ちる姿が僅かに見ることができる程度であったため、訪問時期は選んだ方が良さそうだ。
いしどいのたき
愛知県瀬戸市水北町
渓流瀑8m
樋ヶ沢川
水野川
庄内川
中部62F6  ※2015年版以降
35.25568/137.08995地図
石樋の滝は、愛知県瀬戸市を流れる樋ヶ沢川に懸かる落差8mの滝である。県道207号線のすぐ脇にあるが案内板はなく知らなければ素通りしてしまいそうだ。路肩に普通車3台程度の駐車スペースがある。その脇から沢へは簡単に下りることができる。沢は一枚岩でできているようで、その中央に滝名の通り、水により削られた幅20~30cm程度の石樋の中を勢いよく水が流れ落ちていた。滑りにくい岩盤を伝って下流の方に進めば、個性の異なる渓流瀑も見ることができる。
さらしなたき
愛知県瀬戸市定光寺町
段瀑5m
御手洗川
中部62F5  ※2015年版以降
35.27772/137.08631地図
更科滝は、愛知県瀬戸市北部の定光寺公園内の正伝池から流れ出た御手洗川本流に懸かる落差5mの段瀑であり、県道沿いで営業している「茶房 器楽々(きらら)」の店先に流れ落ちている。入店したその先で滝を正面に見るのが一般的なようだが、県道沿いの歩道の柵越しに滝を見下ろすことも可能。