ようこそ滝ペディアへ!

滝に魅了された滝バカのサイト管理者タカ坊です。
滋賀県を基点として西に東に南に北に滝めぐり。 その基礎データと滝めぐりの記録を目的として、滝データベース「滝ペディア」を開設しました。
日本国内には優に12000を超える滝が存在します。気長に情報を蓄積していきます。

新着情報(アプローチ情報等)詳細 »

2022.05.02
通行止め
鳥取県鳥取市河原町北村
平成28年10月の地震で発生した崩落により通行止め。復旧の目処立たず。
通行止め 三滝渓/千丈滝 鳥取県鳥取市河原町北村
平成28年10月の地震で発生した崩落により通行止め。復旧の目処立たず。
鳥取県鳥取市河原町北村 平成28年10月の地震で発生した崩落により通行止め。復旧の目処立たず。 2022.05.02
2022.05.02
通行不可
鳥取県鳥取市佐治町中
遊歩道崩落。復旧の目処立たず。
通行不可 山王滝 鳥取県鳥取市佐治町中
遊歩道崩落。復旧の目処立たず。
鳥取県鳥取市佐治町中 遊歩道崩落。復旧の目処立たず。 2022.05.02
2021.10.15
通行止め
北海道上川郡東川町
羽衣の滝正面の滝見台から先、敷島の滝に通じる登山道は通行止めとなっている。(要確認!)
情報元: Web調べ
通行止め 天人峡/敷島の滝 北海道上川郡東川町
羽衣の滝正面の滝見台から先、敷島の滝に通じる登山道は通行止めとなっている。(要確認!)
北海道上川郡東川町 羽衣の滝正面の滝見台から先、敷島の滝に通じる登山道は通行止めとなっている。(要確認!) 2021.10.15
2021.09.09
通行止め
岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合
県道32号の高橋谷橋東側の林道は路肩崩壊(確認できず)のため、車両の通行は制限されている。
蜂谷滝までの500mは歩いてアプローチする分には問題なし。
情報元: 現地確認
通行止め 高橋谷/蜂谷滝 岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合
県道32号の高橋谷橋東側の林道は路肩崩壊(確認できず)のため、車両の通行は制限されている。 蜂谷滝までの500mは歩いてアプローチする分には問題なし。
岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合 県道32号の高橋谷橋東側の林道は路肩崩壊(確認できず)のため、車両の通行は制限されている。 蜂谷滝までの500mは歩いてアプローチする分には問題なし。 2021.09.09
2021.07.02
一部通行止
群馬県渋川市赤城町棚下
滝を巡る参道の一部、滝右岸側の参道は崩落のため通行不可。左岸の参道は問題なし。
情報元: 現地確認
一部通行止 雄滝 群馬県渋川市赤城町棚下
滝を巡る参道の一部、滝右岸側の参道は崩落のため通行不可。左岸の参道は問題なし。
群馬県渋川市赤城町棚下 滝を巡る参道の一部、滝右岸側の参道は崩落のため通行不可。左岸の参道は問題なし。 2021.07.02

日本の滝  (登録数: 12723件)  詳細 »

国土の約70%は山岳地帯であり、モンスーンの影響により多くの雨が降る日本では、各地で大小様々な滝を見ることができる。そしてその数は少なくとも12000を超える(自分調べ)。滝には、潔く真っ直ぐに落ちる「直瀑」や優雅に末広がりに流れ下る「分岐瀑」、滝が階段状に落ちる「段瀑」、崖の途中からしみ出すように流れる「潜流瀑」などその姿は千差万別。さらに四季を持つ日本では季節により様々な表情を見せ飽きさせることはない。ただし水が枯れた時を除いて。

日本の滝100選  詳細 »

日本の滝100選は、環境庁(現・環境省)と林野庁が募集し、日本全国から一般公募により34万1292通、527滝の中から選ばれた滝である。「日本百名滝」や「日本百名瀑」とよばれることもある。なお、選定以降に災害等で形を変えた滝もある。また、辿り着くまでに危険を伴う場所もあるので訪問には注意したい。

タカ坊の滝巡り (訪問数: 2948件)  詳細 »

滋賀県を基点として、ワゴンに撮影機材と登山用具を詰め込み、道の駅やサービスエリアを渡り歩き、西に東に南に北に各地の名瀑や人知れず落ちる滝を求めて滝めぐり。2021年5月には通算2600滝を達成した。しかしまだ訪れることができていない滝は9000を超える。2020年以降はコロナ禍の中、活動は自粛がち。