滝めぐり
 (2009.05.30)

そんめいたき
三重県北牟婁郡紀北町小笠原
段瀑100m
船津川
中部12B6
34.11890/136.21360地図
尊命滝は、三重県紀北町を流れる船津川支流に掛かる落差100mにも及ぶ大きな滝である。国道42号線から見る遠望の滝はかなり上方に見えたことから、滝壺からは全貌をとらえることはとても出来ない。
うおとびけい
むめいばく
三重県北牟婁郡紀北町
直瀑3m
又口川
銚子川
関西105A4
三重県尾鷲市中心部から4km程度。尾鷲市西部から流れる又口川を堰き止めるクチスボダムの下流の渓谷を魚跳渓と呼ぶ。その左岸を通る県道760号線沿いに懸かる幾つかの小瀑の一つである。落差3m程度。
うおとびけい
むめいばく
三重県北牟婁郡紀北町
斜瀑10m
又口川
銚子川
関西105A4
三重県尾鷲市中心部から4km程度。尾鷲市西部から流れる又口川を堰き止めるクチスボダムの下流の渓谷を魚跳渓と呼ぶ。その左岸を通る県道760号線沿いに懸かる幾つかの小瀑の一つである。落差10m程度の段瀑である。
くちすぼだむ
むめいばく
三重県尾鷲市南浦
直瀑5m
又口川
銚子川
関西105A4
34.09280/136.16251地図
三重県尾鷲市西部に源を発する又口川を堰き止めるクチスボダムの左岸に懸かる落差5m程度の無名の直瀑である。国道425号線の脇に懸かり、車窓からも見ることが出来る。
またくちがわ
むめいばく1
三重県尾鷲市南浦
分岐瀑10m
又口川
銚子川
関西105A4
34.08637/136.13311地図
三重県尾鷲市北部を流れる又口川沿いに懸かる落差10m程度の分岐瀑。又口川沿いでは無名だが見事な滝を幾つか見ることが出来る。
またくちがわ
むめいばく2
三重県尾鷲市南浦
斜瀑10m
又口川
銚子川
関西105A4
34.08637/136.13311地図
三重県尾鷲市北部を流れる又口川沿いに懸かる落差10m程度の斜瀑。又口川沿いでは無名だが見事な滝を幾つか見ることが出来る。
またくちがわ
むめいばく3
三重県尾鷲市南浦
斜瀑5m
又口川
銚子川
関西105A4
34.08637/136.13311地図
三重県尾鷲市北部を流れる又口川沿いに懸かる落差5m程度の段瀑。又口川沿いでは無名だが見事な滝を幾つか見ることが出来る。
ごみきたにのたき
奈良県吉野郡上北山村河合
段瀑10m
ゴミキ谷
古川
北山川
熊野川
関西91G2
34.06348/136.09290地図
奈良県上北山村と三重県尾鷲市との境界線付近にあるゴミキ谷に懸かる滝で、段になった斜面を小さな滝が連続して掛かる。訪問した日は、水量が豊富であったため迫力のある姿だったが、普段はそれほどのものではないように思われる。
かくれだき
奈良県吉野郡上北山村河合
段瀑100m
古川
東の川
北山川
熊野川
関西91G2
34.06488/136.08912地図
かくれ滝は、奈良県上北山村と三重県尾鷲市をつなぐ国道425号線の県境まで1km足らずという奈良県の滝谷という沢に懸かる落差100mの段瀑である。国道からは岩陰になっており見ることはできない。沢の左岸に丸太で組まれた橋を渡り、その先の岩場を伝って数分進めば、その迫力ある段瀑の姿を直下から見上げることができる。
ふるかわいわやたに
ふどうたき
奈良県吉野郡上北山村白川
分岐瀑40m
岩屋谷
古川
東の川
北山川
熊野川
関西91G1
34.08889/136.07928地図
坂本貯水池の貯水量や当日の滝の水量によってその姿は大きく異なる。不動滝の上流には銚子滝が掛かっている。
つのたにのたき
奈良県吉野郡上北山村河合
段瀑100m
角谷
池原貯水池
北山川
熊野川
関西91F2
34.07650/136.02593地図
角谷の滝は、奈良県上北山村にある池原貯水池右岸の角谷に懸かる落差100mの段瀑である。糸のように細く見えたが少なくとも100m以上はあると思われる。滝は段瀑となって直接坂本貯水池に落ちている。
つきたに
つきたにだき
奈良県吉野郡上北山村河合
分岐瀑60m
月谷
池原貯水池
北山川
熊野川
関西91F2
34.06288/136.02244地図
月谷滝は、奈良県上北山村南部の坂本貯水池と池原貯水池の中間付近に流れ込む月谷に懸かる落差60mの分岐瀑である。国道425号線から眺めることが出来る。月谷滝の上流には千尋の滝がある。
こまただに
おとなしのたき
奈良県吉野郡下北山村池原
分岐瀑35m
小又谷
池郷川
北山川
熊野川
関西91E3
34.03973/135.95244地図
音無の滝は、奈良県下北山村を流れる北山川の枝沢である小又谷で見られる落差35mの分岐瀑である。滝壺までは急斜面を10m以上進む必要があるが下り立った先に流れ落ちる分岐瀑は周囲の緑と岩盤の黒、そして水の白のコントラストが非常に素晴らしい。
こまただに
ふどうのたき
奈良県吉野郡下北山村池原
直瀑20m
小又谷
池郷川
北山川
熊野川
関西91E3
34.04061/135.95304地図
不動滝は、奈良県下北山村を流れる北山川の枝沢である小又谷で見られる落差20mの直瀑である。下り立った沢は水無川。敷き詰められた石の上を400~500m程度歩くと不動滝が姿を現す。滝の水量は十分なのに流れ出る川が一切見えないという不思議な場所だ。
不動七重滝 100選5.00
ふどうななえのたき
奈良県吉野郡下北山村前鬼
段瀑110m
前鬼川
北山川
熊野川
関西91E1
34.09563/135.95343地図
日本の滝100選・不動七重滝は、奈良県下北山村を流れる北山川の支流・前鬼川の上流部に懸かる落差110mの段瀑である。路肩が観瀑台となっており、深い谷を挟んだ対岸に7段の滝の全貌を眺めることが出来る。滝壺のエメラルドグリーンが非常に美しく印象的だ。観瀑台から700m程度引き戻した付近に滝に通じる登山道があり、下から2段目の滝壺付近に至るという。
おおわしたにのたき
奈良県吉野郡下北山村前鬼
直瀑12m
池原貯水池
北山川
熊野川
関西91E2
34.07629/135.96079地図
前鬼橋から前鬼川にとって2km程度北上した大鷲谷に掛かる滝。小鷲谷よりもさらに1km程度北にある。小さな橋の左手の木々の先に僅かに滝の姿が見えていた。
こわしだにのたき
奈良県吉野郡下北山村前鬼
直瀑25m
池原貯水池
北山川
熊野川
関西91E2
34.07147/135.96200地図
前鬼橋から前鬼川にとって1km程度北上すると小さな橋が現れる。その橋の左手の木々の先に僅かに滝の姿が見えていた。
ふかせだき
奈良県吉野郡上北山村白川
分岐瀑60m
深瀬谷
北山川
熊野川
関西91E1
34.09200/135.97601地図
深瀬滝は、奈良県上北山村を流れる北山川の枝沢である深瀬谷に懸かる落差60mの分岐瀑である。鉄梯子に覆い被さる草木を払いのけて滝を目指す。登った先には下からは想像できない分岐瀑が現れる。この滝を去った直後に同じ道を猿が駆け上がっていった。
いわやたに
おたき
奈良県吉野郡上北山村白川
分岐瀑130m
岩屋谷
白川又川
北山川
熊野川
関西91E1
34.11095/135.95806地図
雄滝は、奈良県上北山村南西部の聳える釈迦ヶ岳(1800m)に源を発する岩屋谷に懸かる落差130mの分岐瀑である。国道169号線から北山川を渡って対岸の白川地域に辿り着き、林泉禅寺の前から遠望した。遙か西方の山の中腹から流れ落ちているのが見える。
くろせだき
奈良県吉野郡上北山村河合
直瀑30m
北山川
熊野川
関西88F6
34.14671/135.99171地図
草木をかき分けて辿り着いた滝は分岐瀑で水量は少ないが緑深くて趣深い。残念なのは滝に通じる1本のケーブルの存在。
おおまがりたき
奈良県吉野郡川上村伯母谷
分岐瀑30m
大曲谷
伯母谷川
吉野川
紀の川
関西88F3
34.24992/135.99597地図
トンネルとトンネルの僅かな隙間にある駐車スペースに車を駐車することは危険すぎて、やむなく通り過ぎることとなり滝の姿を写真に収めることは出来なかった。
ふどうえんめいのたき
奈良県桜井市八井内
直瀑5m
寺川
大和川
関西76F6
34.47004/135.87018地図
小振りな自然の直瀑と樋から流れ落ちる水が同じ滝壺に落ちている。周囲の木々は高く夕方とはいえかなり薄暗い雰囲気。