篠穂の滝

概要
篠穂の滝は、奄美大島(鹿児島県)の瀬戸内町の鳥ヶ峰(467m)に源を発する篠穂川の河口に懸かる落差30mの分岐瀑である。太平洋に面する断崖から直接落ちる滝である。滝の北側の断崖上を通る林道から遠望するか、船に乗って海上からアプローチするしかない。

基本情報
よみしのほのたき
滝型式分岐瀑
落差30m
所在地鹿児島県大島郡瀬戸内町
山域鳥ヶ峰(467m)
水系篠穂川
マップル九州96C4  ※2015年版以降
緯度・経度緯度:28.191458429675/経度:129.42347799243地図

評価:4.07
形状 個性 規模 水質 水量 体力 技術 案内 整備 駐車
4 5 3 3 4 0 0 0 0 0

参考文献
  • 『日本の滝◆