蒼滝

蒼滝2016年06月26日撮影
蒼滝2007年05月19日撮影

概要
蒼滝は、三重県菰野町西部に聳える御在所山(1210m)に源を発する三滝川に懸かる落差50mの直瀑である。現流域から続く花崗岩質の岩肌を流れるため水の透明度が極めて高い。滝の下には巨大な岩がゴロゴロしておりその水が流れており非常に清々しい。県境に聳える御在所山に通じるロープウェイの山麓駅(湯の山温泉駅)は観光客も多いが、遊歩道が崩落してから登山道経由でなければ辿り着けなくなったためか、滝周辺は人が少ないように感じる。三滝川の名の由来は源流の蒼滝潜戸の滝百間滝である。

基本情報
よみあおたき
滝型式直瀑
落差50m
所在地三重県三重郡菰野町菰野(湯の山温泉)
山域御在所山(1210m)
水系北谷/三滝川
マップル関西36G6  ※2015年版以降
緯度・経度緯度:35.018545/経度:136.445014地図

アプローチ(アクセス)
三重県菰野町の国道477号線で湯の山温泉。御在所ロープウェイ乗り場(湯の山温泉駅)の脇から続く登山道を30分程度、標高差50m程度の尾根を越えて滝へ。かつては沢沿いの遊歩道があったが自然災害により崩落し現在工事中。

評価:3.80
形状 個性 規模 水質 水量 体力 技術 案内 整備 駐車
4 4 3 3 4 4 3 4 3 3

参考文献
  • 『日本滝名鑑(No.2025)』
  • 『日本の滝◆
  • 『滝』
  • 『続・日本の滝200選』『東海の100滝紀行2』

2016年06月26日の滝めぐり

訪問歴(2回)

同じ市区町村(三重県三重郡菰野町)の滝 (2件)
朝明渓谷/曙滝 三重県三重郡菰野町千草 直瀑 17m 3.10
朝明渓谷/庵座の滝 三重県三重郡菰野町千草 直瀑 40m 3.97