新九郎の滝

新九郎の滝2013年07月07日撮影

概要
新九郎の滝は、長野県豊丘村を流れる天竜川の支流虻川の最上流域に流れる落差30mもの段瀑である。林道に立つ案内板脇から登山道が始まり、幾つかの小滝を眺めながら歩くこと約30分で新九郎の滝が姿を現す。新九郎の滝は大きく二段となっており3m程度の岩をよじ登れば滝の中段に立つことが出来る。周囲は木々の緑に覆われ木々の間に白く輝く滝を見上げれば疲れも癒される。滝の脇には来訪者ノートが設置され、幾つもの感激の言葉が書き記されていた。

基本情報
よみしんくろうのたき
滝型式段瀑
落差30m
所在地長野県下伊那郡豊丘村神稲
山域下烏帽子山(1494m)
水系本谷川/虻川/天竜川
マップル中部74E5  ※2015年版以降
緯度・経度緯度:35.51567/経度:137.989736地図

アプローチ(アクセス)
長野県豊丘村の役場付近の県道18号線から県道455号線を東進し12km程度の場所。林道に入ると途中、獣害用のフェンスが道を塞いでいるが自由に開閉可能。林道沿いには日本一といわれるポットホールを持つ大明神滝や野田平キャンプ場などがある。林道のほぼ終点の場所に案内板と滝への入口がある。

評価:3.80
形状 個性 規模 水質 水量 体力 技術 案内 整備 駐車
4 4 3 4 3 3 3 3 3 2

参考文献
  • 『日本滝名鑑(No.1371)』
  • 『日本の滝 
  • 『信州の滝紀行(名瀑百選)』

2013年07月07日の滝めぐり

訪問歴(1回)

同じ市区町村(長野県下伊那郡豊丘村)の滝 (4件)
虻川渓谷/俄鬼ヶ童ノ滝 長野県下伊那郡豊丘村神稲 斜瀑 3.10
郷士沢の滝/一の滝 長野県下伊那郡豊丘村神稲 斜瀑 8m 3.10
郷士沢の滝/二の滝 長野県下伊那郡豊丘村神稲 段瀑 15m 3.10
壬生沢/不動滝 長野県下伊那郡豊丘村神稲壬生沢 直瀑 10m 2.77