小中大滝

小中大滝2007年08月14日撮影

概要
小中大滝は、群馬県みどり市北部の袈裟丸山(1878m)に源を発する小中川に懸かる落差96mの分岐瀑である。駐車場から川を渡り1分程度山を登ると岩をくり抜いたトンネルが現れる。その先には「けさがけ橋」という名の吊り橋が架かっている。名前の通り袈裟を掛けたような階段状の吊り橋である。その途中右手には徐々に大滝が見えてくる。吊り橋を越えたところには展望台があり、その全貌が姿を望むことが出来る。東向きの滝のため、午前中には虹が架かっていた。(写真には僅かに虹が…)群馬県内にもこんな滝があったんだ…という気持ちである。

基本情報
よみこなかおおたき
滝型式分岐瀑
落差96m
所在地群馬県みどり市東町小中
山域袈裟丸山(1878m)
水系小中川/渡良瀬川/利根川
マップル関東87C1  ※2015年版以降
緯度・経度緯度:36.585601/経度:139.325278地図

アプローチ(アクセス)
群馬県みどり市北部の国道122号線でJR小中駅付近から県道268号線に入り北上。県道終点からさらに3km程度進んだ場所。

評価:3.97
形状 個性 規模 水質 水量 体力 技術 案内 整備 駐車
4 4 4 3 4 4 2 4 4 3

参考文献
  • 『日本滝名鑑(No.849)』
  • 『日本の滝 
  • 『滝』
  • 『続・日本の滝200選』『ぐんま滝めぐり90選』

2007年08月14日の滝めぐり

訪問歴(1回)