秋芳白糸の滝

概要
秋芳白糸の滝は、山口県美祢市の北部を流れる厚東川に懸かる落差30mの段瀑である。「秋芳大滝」、「長門白糸の滝」とも呼ばれ、長門地域最大の滝といわれている。

基本情報
よみしゅうほうしらいとのたき
別称秋芳大滝、八代の滝
滝型式段瀑
落差30m
所在地山口県美祢市秋芳町
山域桂木山(701m)
水系厚東川
マップル中国27B1  ※2015年版以降
緯度・経度緯度:34.316563/経度:131.293431地図

アプローチ(アクセス)
山口県美祢市北部に延びる県道36号線で市境界の「犬水峠トンネル」手前1km程度の場所から東に延びる一般道を進む。

評価:3.63
形状 個性 規模 水質 水量 体力 技術 案内 整備 駐車
4 4 3 3 3 0 0 0 0 0

参考文献
  • 『日本滝名鑑(No.3298)』
  • 『日本の滝◆
  • 『滝』
  • 『続・日本の滝200選』

同じ市区町村(山口県美祢市)の滝 (2件)
薬王寺の滝/男滝 山口県美祢市美東町綾木 分岐瀑 20m 3.10
薬王寺の滝/女滝 山口県美祢市美東町綾木 8m 3.10