台瀧不動の滝 (だいたきふどうのたき)

台瀧不動の滝

概要

台瀧不動の滝は、埼玉県日高市南西部の台地区に祀られる「滝不動」境内に懸かる落差2mの直瀑である。参拝者用の駐車場から徒歩1分程度だが夏場の時期の訪問であったため足元が雑草で覆われており、水の流れる音は聞こえるがすぐには滝の存在が分からない。草をかき分けて国道のすぐ脇の通路に出ると、その足元に落差2m足らずの小さな滝が現れた。

基本情報

所在地埼玉県日高市台
水系高麗川/越辺川/入間川/荒川
滝型式直瀑
落差2m
GIGAマップル関東39H4  ※2014年版以前  /関東39E3  ※2015年版以降
緯度・経度緯度:35.874585/経度:139.308277  地図

アクセス(アプローチ)

埼玉県日高市南西部の西武秩父線「高麗駅」付近から国道299号線(旧)を1km程度南下した道沿い。

参考文献

  • 『日本滝名鑑(No.976)』

評価

総合評価形状美個性的規 模水 質迫 力体 力技術力案 内整 備駐車場
1.922322111124

    Googleマップ

    訪問歴(1回)

    同じ市区町村(埼玉県日高市)の滝(4件)

    古滝  ※2.87
    五常の滝横手段瀑 12m※2.87 ○ ○
    滝沢の滝新堀斜瀑 6m※2.55
    不動の瀧北平沢直瀑 4m※2.87
    (最終更新日:2018-09-01 12:47:59)