魚留の滝

概要
魚留の滝は、小樽市南部の朝里山(1280m)北麓に源を発する朝里川上流部に懸かる落差12m、幅15mの直瀑である。

基本情報
よみうおどめのたき
滝型式直瀑
落差22m
所在地北海道小樽市朝里川温泉
山域朝里岳(1280m)
水系左沢川/朝里川
マップル北海道34B8  ※2014年版以前
緯度・経度緯度:43.102988/経度:141.036375地図

アプローチ(アクセス)
小樽市中心部から国道5号線で朝里地区。道道1号線を朝里川沿いに南下し、朝里ダム(オタルナイ湖)から5km程度南の場所。

評価:3.53
形状 個性 規模 水質 水量 体力 技術 案内 整備 駐車
4 3 3 3 4 0 0 0 0 0
  • 体 力:道道から10分
  • 整 備:標識あり

参考文献
  • 『日本滝名鑑(No.130)』
  • 『日本の滝 
  • 『滝◆
  • 『続・日本の滝200選』

ほかの地域にある同名の滝(1件)
串原七滝/魚留の滝 岐阜県恵那市串原 分岐瀑 6m 2.33