差切峡/大滝八潭 (さしきりきょう・おおたきはったん)

差切峡/大滝八潭

概要

大滝八潭は、長野県筑北村西部を流れる麻積川の枝沢に懸かる段瀑で、8段になって落ちるという意味がある。大きな滝かと勘違いしそうなネーミングだが、細い沢の間を落差1m程度の滝が数段見えるだけで、その先がどうなっているのは窺い知れない。

基本情報

所在地長野県東筑摩郡筑北村坂北末地
山塊聖山(1447m)
水系麻積川/犀川/千曲川/信濃川
滝型式段瀑
落差8m
GIGAマップル中部100K7  ※2014年版以前  /中部100F5  ※2015年版以降
緯度・経度緯度:36.452597/経度:137.976447  地図

アクセス(アプローチ)

長野県筑北村北西部を通る県道55号線沿いに案内板が立つ。県道55号線から草むらを数歩歩けば滝。

参考文献

  • 『日本滝名鑑(No.1335)』
  • 『信州の滝紀行(名瀑百選)』

評価

総合評価形状美個性的規 模水 質迫 力体 力技術力案 内整 備駐車場
2.141323211321

    Googleマップ

    訪問歴(1回)

    同じ市区町村(長野県東筑摩郡筑北村)の滝(3件)

    釜坂/男滝・女滝西条斜瀑 10m1.92 ○ ○
    釜坂/無名瀑西条段瀑 3m1.92 ○ ○
    滝上峡/大滝西条段瀑 10m3.62 ○ ○
    (最終更新日:2018-07-24 23:16:02)