皆坂の滝 (かいざかのたき)

皆坂の滝
その他の写真

概要

皆坂の滝は、兵庫県上郡町北西部に源を発する岩木川に懸かる落差25mの分岐瀑である。滝前にある「小皆坂の滝神社」の御神体となる滝であり滝行の場でもあったようだ。案内板には雄滝雌滝とあるとあったが、上段と下段を言うのかそれとも雌滝は別の流れだったのか、斜面の崩壊も酷いため確認はできていない。

基本情報

所在地兵庫県赤穂郡上郡町皆坂
水系岩木川/千種川
滝型式分岐瀑
落差25m
GIGAマップル関西37E3  ※2015年版以降
緯度・経度緯度:34.911396/経度:134.305222  地図

アクセス(アプローチ)

兵庫県上郡町北西部に通じる県道451線で石戸地区へ。アプローチは2箇所あるようだが今回の訪問では上からのアプローチを選択したが、遊歩道の斜面にはピンク色のシートが敷かれ歩きやすい。

公式説明文

ここは上郡町小皆坂の滝神社です。お社の後の滝がご神体です。大きいのを雄滝、小さいのを雌滝といい、約20メートル落下しています。昔から、人々があつまり滝にうたれて心を清め、心身を鍛える修行がさかんでした。行者小屋はその名残です。 ここの土は石英粗面岩が風化したもので、岩は花崗岩で変わった形をしています。この付近の植物はチトセカヅラ、コヤスノキ、2月ざくらなど珍しいものが多く、鳥も30種は見られます。

参考文献

  • 『日本滝名鑑(No.2447)』

評価

総合評価形状美個性的規 模水 質迫 力体 力技術力案 内整 備駐車場
2.472323232322

    2018年04月01日の滝めぐり

    塩滝→御崎神社の滝(下滝中滝)→長楽の滝地蔵の滝千早の滝→琴彈の滝(雌滝雄滝)→白水の滝(男滝女滝)→飛龍の滝皆坂の滝瀧谷の滝→深谷の滝(女滝男滝)

    訪問歴(1回)

    同じ市区町村(兵庫県赤穂郡上郡町)の滝(2件)

    瀧谷の滝栗原直瀑 15m1.53 ○ ○
    行頭四十八滝行頭連瀑※2.87 ○ ○