オオシブンナイの滝
概要
オオシブンナイの滝は、北海道今金町東部のルコツ岳(532m)に源を発するホンシュブンナイ川に懸かる落差15mの段瀑である。
基本情報
よみおおしぶんないのたき
滝型式段瀑
落差
15m
所在地北海道瀬棚郡今金町
山域ルコツ岳(532m)
水系ホンシュブンナイ川/利別川
マップル北海道56L2  ※2014年版以前
緯度/経度
緯度:42.393791
/
経度:140.183056
アプローチ
北海道今金町中心部から東に延びる国道230号線(今金国道)で住吉地区を4km程度南下。一般道に入り利別川に架かる奥別橋の先でホンシュブンナイ川沿いに6km程度進んだ先にある。
評価:3.90
形状美
5
個性的
4
規 模
3
水 質
3
水 量
3
体 力
0
技術力
0
案 内
0
整 備
0
駐車場
0
  • 体 力:Pからすぐ
  • 整 備:標識あり
参考文献
  • 『日本滝名鑑(No.143)』
  • 『日本の滝 
  • 『滝』
  • 『日本の名景 滝(3)』
同じ市区町村(北海道瀬棚郡今金町)の滝 (1件)
オオシブンナイの滝 北海道瀬棚郡今金町○ 段瀑 15m 3.90