ピョウタンの滝

概要
ピョウタンの滝は、北海道中札内村西部に源を発する札内川の札内ダム下流3km程度の本流に懸かる落差10mの直瀑である。滝の周囲は不自然な直線が見える。それはかつてそこにダムが建設されたことを物語る。ダムは崩壊したという。「ピョウタン」とはアイヌ語で、”土砂などを押し流す”という意味。

基本情報
よみぴょうたんのたき
滝型式直瀑
落差10m
所在地北海道河西郡中札内村南札内
山域幌尻岳(2053m)
水系札内川
マップル北海道63M7  ※2014年版以前
緯度・経度緯度:42.593458/経度:142.951417地図

評価:3.10
形状 個性 規模 水質 水量 体力 技術 案内 整備 駐車
3 3 3 2 4 0 0 0 0 0

参考文献
  • 『日本滝名鑑(No.71)』
  • 『続・日本の滝200選』