元滝伏流水

元滝伏流水2017年08月13日撮影

概要
元滝伏流水は、秋田県にかほ市南東部に聳える鳥海山(2236m)に源を発する元滝川の右岸に懸かる落差5m程度を幅広に流れ落ちる伏流瀑である。元滝は、実際には伏流瀑の落ちる場所から上流に200m程度に懸かる滝のこと言うがこの場所は現在立入禁止となっており見ることはできない。現在ではこの滝を元滝と呼ぶことがある。霧にまかれた伏流瀑が苔むした岩盤の上を流れ落ちる姿は非常に幻想的だ。

基本情報
よみもとだきふくりゅうすい
滝型式伏流瀑
落差5m
所在地秋田県にかほ市象潟町
山域鳥海山(2236m)
水系元滝川/奈曽川
マップル東北68C4  ※2015年版以降
緯度・経度緯度:39.161163/経度:139.952323地図

アプローチ(アクセス)
秋田県にかほ市中心部から県道58号線、県道131号線(鳥海ブルーライン)を進み、標識に駐車場方面に進む。

評価:4.40
形状 個性 規模 水質 水量 体力 技術 案内 整備 駐車
4 5 4 5 3 2 1 5 5 5

参考文献
  • 『日本滝名鑑(No.459)』
  • 『日本の滝 
  • 『日本の原風景 滝』

2017年08月13日の滝めぐり

訪問歴(1回)