轟の滝/本滝
撮影記録
本滝
2018年09月16日撮影
概要
轟の滝は、香川県まんのう町南部の山中に円を発する黒部川(財田川支流)に懸かる上下二段、落差18mの段瀑である。黒部川沿いの林道の大きなカーブの先に案内標柱が立つ。その先には堰堤が造られている。その下の沢を渡渉してアルミの梯子を上って堰堤を越えて登山道に入る。数分歩くと見られる落差6mの無名瀑を高巻き、さらに200m程度進むと滝に到着する。上段と下段の間には比較的平らな岩盤が広がり、水遊びには良さそうだ。ただし水の流れる岩盤は滑りやすく、登山靴で歩くには注意が必要だ。
基本情報
よみとどろきのたき
滝群名轟の滝(とどろきのたき)
滝型式段瀑
落差
18m
所在地香川県仲多度郡まんのう町山脇
水系黒部川/帰来川/財田川
マップル四国27D1  ※2015年版以降
緯度/経度
緯度:34.106661
/
経度:133.825858
アプローチ
香川県まんのう町南部、JR土讃線「讃岐財田」駅の東方350m程度に案内板が立ち、それに従ってJR土讃線下のトンネルを潜った後、黒部川沿いの林道を南下すること約2.5kmの大きなカーブの先に滝の入口。駐車スペースあり。
評価:3.37
形状美
3
個性的
4
規 模
3
水 質
4
水 量
2
体 力
3
技術力
3
案 内
2
整 備
2
駐車場
2
参考文献
  • 『日本滝名鑑(No.3420)』
  • 『日本の滝◆
訪問歴(1回)
同じ滝群の滝(轟の滝) (2件)
(1)本滝 香川県仲多度郡まんのう町山脇○ 段瀑 18m 3.37
(2)下の滝 香川県仲多度郡まんのう町山脇○ 直瀑 6m 2.77
同じ市区町村(香川県仲多度郡まんのう町)の滝 (2件)
小橋滝 香川県仲多度郡まんのう町勝浦○ 分岐瀑 12m 2.93
龍王の滝 香川県仲多度郡まんのう町勝浦○ 斜瀑 20m 3.37
ほかの地域にある同名の滝(5件)
三滝/本滝 福島県南会津郡南会津町田島 斜瀑 4m 3.10
下新田不動滝(1)/本滝 岐阜県加茂郡白川町黒川下新田○ 直瀑 16m 3.03
かくし滝(3)/本滝 三重県津市美杉町八知○ 斜瀑 4m 3.37
鴨谷の滝/本滝 京都府城陽市奈島高塚○ 段瀑 8m 2.60
亀ヶ壺/本滝 兵庫県姫路市夢前町山之内○ 段瀑 16m 2.77