滝めぐり
 (2013.03.30)

りゅうぎんのたき
1のたき
岐阜県瑞浪市釜戸町
直瀑16m
不動沢
土岐川
庄内川
中部67F3  ※2015年版以降
35.41199/137.29439地図
竜吟の滝は、岐阜県瑞浪市を流れる土岐川支流の不動沢に懸かる一の滝、二の滝、三の滝、えびす滝、あんま滝、昇竜滝、梵天滝などの滝の総称である。
一の滝は、この滝群の中でも最大の落差16mを誇る均整の取れた直瀑である。
りゅうぎんのたき
2のたき
岐阜県瑞浪市釜戸町
分岐瀑10m
不動沢
土岐川
庄内川
中部67F3  ※2015年版以降
35.41284/137.29394地図
竜吟の滝は、岐阜県瑞浪市を流れる土岐川支流の不動沢に懸かる一の滝、二の滝、三の滝、えびす滝、あんま滝、昇竜滝、梵天滝などの滝の総称である。
二の滝は、一の滝から遊歩道を数分で辿り着く。一の滝と形状は異なり幅広の分岐瀑である。さらに上流に向かう遊歩道が通る赤い橋が滝の白と岩の色、木々の緑にアクセントを加えている。
りゅうぎんのたき
3のたき
岐阜県瑞浪市釜戸町
斜瀑3m
不動沢
土岐川
庄内川
中部67F3  ※2015年版以降
35.41339/137.29322地図
竜吟の滝は、岐阜県瑞浪市を流れる土岐川支流の不動沢に懸かる一の滝、二の滝、三の滝、えびす滝、あんま滝、昇竜滝、梵天滝などの滝の総称である。
三の滝は、下流の滝に比べるとかなり地味な存在で落差が3mと小さい上に遊歩道からは少し距離があり滝の全貌も分かりづらい。
りゅうぎんのたき
えびすたき
岐阜県瑞浪市釜戸町
斜瀑1m
不動沢
土岐川
庄内川
中部67F3  ※2015年版以降
竜吟の滝は、岐阜県瑞浪市を流れる土岐川支流の不動沢に懸かる一の滝、二の滝、三の滝、えびす滝、あんま滝、昇竜滝、梵天滝などの滝の総称である。
えびす滝は、足場のあまりよくない崖の上から木々の間を通しての観望となり、さらに大きな岩の間をすり抜けて落ちているため全貌は捉えにくい。
りゅうぎんのたき
あんまたき
岐阜県瑞浪市釜戸町
直瀑1m
不動沢
土岐川
庄内川
中部67F3  ※2015年版以降
竜吟の滝は、岐阜県瑞浪市を流れる土岐川支流の不動沢に懸かる一の滝、二の滝、三の滝、えびす滝、あんま滝、昇竜滝、梵天滝などの滝の総称である。
あんま滝は、川幅が広がり開けた場所にあり大きな岩が折り重なり合った隙間を流れいる小さな滝である。
りゅうぎんのたき
しょうりゅうたき
岐阜県瑞浪市釜戸町
斜瀑1m
不動沢
土岐川
庄内川
中部67F3  ※2015年版以降
竜吟の滝は、岐阜県瑞浪市を流れる土岐川支流の不動沢に懸かる一の滝、二の滝、三の滝、えびす滝、あんま滝、昇竜滝、梵天滝などの滝の総称である。
昇竜滝は、瀬と呼ぶのが相応しい滝で斜面を勢いよく流れる滑滝である。遊歩道からだと大きな岩に邪魔されて見づらく、渓谷に下りて、邪魔な大岩の岩陰から眺めるのがよさそう。
りゅうぎんのたき
ぼんてんたき
岐阜県瑞浪市釜戸町
斜瀑10m
不動沢
土岐川
庄内川
中部67F3  ※2015年版以降
竜吟の滝は、岐阜県瑞浪市を流れる土岐川支流の不動沢に懸かる一の滝、二の滝、三の滝、えびす滝、あんま滝、昇竜滝、梵天滝などの滝の総称である。
梵天滝は、落差10m程度の斜面を二筋に勢いよく流れ落ちる滝である。遊歩道から渓谷に下りて近づける。
やまおかだき
岐阜県恵那市山岡町下手向
斜瀑12m
石戸川
小里川
土岐川
庄内川
中部68A4  ※2015年版以降
35.35216/137.35802地図
山岡滝は、山岡滝温泉に流れる石戸川に懸かる落差12mの斜瀑である。山岡滝温泉の駐車場から門をくぐり1?2分。赤い橋が目に飛び込む。その橋の上流50m付近から橋の下まで幾つかの段、幾つかの傾斜となって流れ落ちている。
くしはらななたき
くじゃくのたき
岐阜県恵那市串原
分岐瀑20m
明智川
矢作川
中部68B5  ※2015年版以降
35.27795/137.41230地図
来若の滝は串原七滝の一つ。名前の由来は若い人が集まるようにという願いから一般公募により2011年8月に名付けられた。滝の姿はクジャクが羽を広げた姿に見えることも名前の由来となっている。林道から急斜面に通じる通称「けもの道」を下って2?3分程度で滝に到着する。「けもの道」とあるが整備もされているし十分に歩きやすい道。
くしはらななたき
しろやまのたき
岐阜県恵那市串原大平
直瀑6m
大平川
明智川
矢作川
中部68B6  ※2015年版以降
35.26560/137.40225地図
「城山の滝」は串原七滝の一つ、落差6mの直瀑である。近くの山上に城が築かれていたことが名前の由来という。滝の周囲は高さ10m以上の岩盤が迫り出す。途中に建設されたダムはかつては、それ自身が大きな滝であった面影がある。
くしはらななたき
さちこのたき
岐阜県恵那市串原
直瀑10m
柿畑川
明智川
矢作川
中部68A6  ※2015年版以降
35.25368/137.39639地図
串原七滝の一つ「幸呼の滝」は、柿畑川に懸かる落差10mの直瀑でおかるの滝の50m程下流にあり、観瀑台から2つ同時に眺めることが出来る。滝の前に続く道はないため、木々の隙間を通して観瀑台付近から眺めるしかなさそう。幸呼の滝は2011年8月に一般公募により名付けられた。
くしはらななたき
おかるのたき
岐阜県恵那市串原柿畑
直瀑25m
柿畑川
明智川
矢作川
中部68A6  ※2015年版以降
35.25363/137.39675地図
串原七滝の一つ「おかるの滝」は、柿畑川に懸かる落差10mの直瀑で、串原七滝の中でも最も有名。「幸呼の滝」を横目に遊歩道を遊歩道の終点がおかるの滝。
くしはらななたき
なんざんのたき
岐阜県恵那市串原川ヶ渡
段瀑10m
柿畑川
明智川
矢作川
中部68A6  ※2015年版以降
35.25204/137.39242地図
串原七滝の一つ「南山の滝」は、「おかるの滝」下流の柿畑川に懸かる落差10mの直瀑である。
くしはらななたき
あまごいのたき
岐阜県恵那市串原
分岐瀑40m
矢作川
中部56B1  ※2015年版以降
35.24084/137.41508地図
串原七滝の一つ「甘恋の滝」は、矢作ダム北岸を通る県道11号線沿いの断崖に懸かる滝であり、大雨のときにだけ姿を見せる。通常は空滝である。
くしはらななたき
うおどめのたき
岐阜県恵那市串原
分岐瀑6m
矢作川
中部56B1  ※2015年版以降
35.23718/137.44137地図
串原七滝の一つである「魚留の滝」は、矢作第一ダムの背後に広がる奥矢作湖沿いの県道20号線の魚留橋下の沢の上流に懸かる落差6mの分岐瀑である。
おしかわおおたき
愛知県豊田市川手町
直瀑10m
名倉川
矢作川
中部68C6  ※2015年版以降
35.25468/137.48563地図
押川大滝は、愛知県豊田市北東部で名倉川が矢作川に合流する直前に川床が大きく落ち込む部分に懸かる落差10mの直瀑である。滝壺の広さが印象的な滝である。