常虹の滝
 (富山県富山市猪谷)
常虹の滝は、富山市南部を流れる神通川支流の猪谷川に懸かる4つの滝の総称である。「常虹の滝」という名前は昭和初期に政治家高見之通が虹のかかった滝を見て命名したと伝えられる。
不動滝
とこにじのたき
ふどうたき
富山県富山市猪谷
段瀑10m
猪谷川
神通川
中部93F4
36.47697/137.22885地図
不動滝は、猪谷川本流の夫婦滝のすぐ上流に流れる落差10m程度の滝である。手前には夫婦滝の2条の滝がある。
夫婦滝
とこにじのたき
めおとたき
富山県富山市猪谷
分岐瀑8m
猪谷川
神通川
中部93F4
36.47697/137.22885地図
夫婦滝は猪谷川本流の不動滝の手前に流れる落差8m程度の滝である。向かって右隣には蛇歯見の滝が流れている。
蛇歯見の滝
とこにじのたき
じゃばみのたき
富山県富山市猪谷
直瀑25m
猪谷川
神通川
中部93F4
36.47697/137.22885地図
蛇歯見の滝は猪谷川の支流に流れる落差25mの直瀑であり、4つの滝のうち、唯一猪谷川の本流に掛かっていない滝である。すぐ横には猪谷川本流を流れる夫婦滝の2条の滝が懸かる。夫婦滝の上流には不動滝。下流には五色の滝が流れている。
五色の滝
とこにじのたき
ごしきのたき
富山県富山市猪谷
直瀑6m
猪谷川
神通川
中部93F4
36.47697/137.22885地図
五色の滝は猪谷川本流で4つの滝の中では最下流に流れる落差6m程度の直瀑である。